アパートとマンションの構造や所有権に関しての違いとは?

当ページのリンクには広告が含まれています。

アパートとマンションは、共通の住宅形態です。しかし、構造や所有形態においていくつかの違いがあります。

住環境で考えても違う箇所が多くあるので、事前に確認しておきましょう。

以下では、アパートとマンションの構造の違いを詳しく説明します。

目次

アパートとマンションで構造が違う

アパートとマンションでは基本的には構造が違います。

構造が違うため遮音性など住環境にも影響があります。

アパートは賃貸用がほとんどですマンションの場合は分譲で、各部屋所有者が違うこともあります。

それぞれの構造や設備の違い等も見ていきましょう。

アパートの構造や特徴

アパートは一般的に木造または軽量鉄骨構造で建てられています。

木造アパートは木材を主な構造材料として使用します。一戸建て住宅と同様の構造となっています。

軽量鉄骨構造のアパートは、鉄骨を柱や梁として使用し、躯体を作ります。

主に賃貸用と使用されているため、マンションより安価に作られます。

アパートは、一般的に3階建て以下の低層建てとなります。駐車場や共用スペースが敷地内に存在することがあります。

参考記事:▶アパートの1階に住むメリットとは

マンションの構造や特徴

一方、マンションは、一般的に鉄骨コンクリート構造または鉄骨造・鉄筋コンクリート構造で建てられています。

鉄骨コンクリート構造は、鉄骨骨組みにコンクリートを流し込んで作る方法です。高層マンションや集合住宅によく使われます。

鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄骨と鉄筋を組み合わせてコンクリートを流し込む方法で。それにより耐震性が高い建物を作ることができます。

マンションは、一般的に5階以上の高層建てであり、エレベーターや共用施設が充実していることが特徴です。

アパートとマンションの所有形態の違い

所有形態に関しても大きな違いがあります。アパートは主に貸し出しを目的としております。

逆にマンションの場合は貸し出しももちろんありますが、各住居が所有権も持っている場合が多いです。

アパートは一人の所有者が持っています。マンションの場合は各住居ごとに色々な所有者が居るという事です。

厳密にはマンションの場合でも賃貸マンションがありますので、所有者が一人の場合もあります。

アパートの所有形態

さらに、アパートとマンションの所有形態にも違いがあります。

アパートは、個々の住戸が別々の所有者によって所有されていません。

一つの建物全体が一つの所有者や運営会社によって所有・管理されています。

また、アパートは通常、賃貸住宅として提供され、住民は賃借人として契約を結びます。

なので、外壁や外構等の全体工事に関しては所有者の費用で施工を行います。

アパートの賃貸で借りている場合は所有権が無いので、アパートに対する固定資産税等もありません。

マンションの所有形態

一方、マンションは、各住戸が個別に所有者の所有権を持っています。

マンションの住戸は、個々のオーナーによって購入され、自己所有または賃貸目的で使用されます。

マンションの共用部分や施設、管理については、管理組合が組織され、各オーナーが共同で管理・運営することが一般的です。

外壁や外構工事はマンションの所有者で修繕積立金等を支払います。そして、お金を集めたマンション組合で施工します。

各住居で所有権を持っているため、固定資産税支払いや修繕、維持管理の義務が発生します。

まとめ

アパートとマンションにはそれぞれ異なる特徴とメリットがあります。

アパートは、賃貸需要に応じて柔軟に供給ができ、入居者にとって低コストな選択肢となることが多いです。

一方、マンションは、所有者が住むための自己所有の住宅として使われます。そして、より高い居住品質や施設・共用スペースの利用が可能な選択肢となります。

アパートとマンションの構造と所有形態の違いを理解しましょう。

収益不動産の選択や住宅購入の判断において重要です。

自身のニーズや予算、将来の計画に合った選択をするために、慎重な比較と十分な情報収集を行うことをお勧めします。

住宅購入と収益不動産の購入、両方を検討されている場合はしっかりとした検討を行いましょう。

どちらを先に購入するかなどは、プロの不動産業者に相談してみるのが良いでしょう。

合わせて読みたい記事:▶土地を探す期間はどれぐらい必要なのか?後悔しない探し方とは

不動産ランキング
不動産ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次