収益不動産の名称決めで多いパーターンを紹介!ビジョンを名前にする

当ページのリンクには広告が含まれています。

不動産収益物件の名称決めでは、さまざまな方法があります。

変更するタイミングは、購入した際など様々です。古い物件の場合には名称も古いようなのが多いです。

なので、名称を変えることによって物件紹介の際の印象も違ってきます。以下に最近一般的によく使われる方法をいくつか説明します。

参考記事:▶収益不動産投資を始める準備

目次

収益物件の名称変更は簡単

収益物件の名称を変更するのは簡単です。

不動産の管理をお願いしている場合は、管理会社に名称変更の意向を伝えるだけです。

もちろん管理会社は電気、水道、ガス会社など公共機関に連絡をしなくてはなりません。

郵便の手続きなど、現地の看板も変更しなくてはなりません。

管理会社に依頼をしていると名称変更はスムーズに行えるでしょう。

物件の特徴に基づく名称

収益物件の名称は、その物件の特徴や魅力を反映することが重要です。

例えば、物件が都心に位置している場合は「セントラルパークビュー」といった名称が適切です。

もしくは、物件が海辺にある場合は「シーサイドリゾート」といった名称が相応しいでしょう。

物件の周辺環境に着目し、その特長をアピールする名称を選ぶことがポイントです。

テーマに基づく名称

物件の名称を特定のテーマに基づいて選ぶこともあります。

例えば、物件が歴史的な建物である場合は、その歴史や文化に関連する名称が選ばれることがあります。

また、物件が高級でラグジュアリーなイメージを持つ場合には、そのイメージに合う名称を選ぶことが一般的です。

テーマに基づく名称は、物件の個性を際立たせるために有効な手法です。

地域性に基づく名称

物件が特定の地域に位置している場合は、その地域の特徴や魅力を反映した名称を選ぶことがあります。

例えば、伝統的で風光明媚な山岳地帯にある物件には「ハイランドリゾート」といった名称が選ばれることがあります。

地域性に基づく名称は、地域のブランド価値を高めるためにも効果的です。

ターゲット市場に基づく名称

物件の名称は、ターゲット市場や購入層に合わせて選ぶことも重要です。

例えば、若いカップルや学生向けの収益物件には、「スタジオハイツ」といった若者向けの名称が適しています。

また、高齢者向けの収益物件には、「シニアリビング」といった名称が適している場合もあります。

ターゲット市場に基づく名称は、物件の需要先を明確にし、競争力を高めるために役立ちます。

まとめ

これらの方法を組み合わせて、響きや覚えやすさにも配慮しながら、物件の特徴を反映した魅力的な名称を選ぶと良いでしょう。

宝石や花の名称をそのままアパートやマンション名にする場合もあります。

複数不動産を所有の場合はシリーズ化してしまうのも良いでしょう。

また、法的な規制や商標の問題にも注意を払い、適切な名称を選ぶことが重要です。

マンションの売却査定なら▶マンション専門の売却一括査定サービス「マンションナビ」

不動産セミナーを聞いてみたい方はこちら▶不動産投資セミナー【日本財託】

インテリアの必要品▶おしゃれカーテン・インテリア通販「MUTUKI」

\応援クリックお願いします!/

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 不動産ランキング
不動産ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次