『本当に不動産投資は儲かっているのか』

当ページのリンクには広告が含まれています。


不動産に関するブログも運営しています↓

私が担当をしてきた投資家さんの話をしていきます。

収益不動産の売買や管理受託業務をしている為、多くの所有者さんとお会いしてきました。

収益不動産を所有している方の住所に飛び込みで物件の管理状況や収益状況等も聞くこともしてきています。

所有者は投資家か地主系所有者の2パターンになります。

投資家は言うまでもなく収益を目的として購入してますので、物件をいくつも調べて購入します。

また、管理会社も地域で一番賃貸仲介が強いところに任せたり、挨拶に行くなど行動します。

しかし、お金に執着するからこそ逆に儲かるからと騙されて良くない物件を購入してしまっている人もいる印象です。

地主系所有者さんはもともと農家で畑にアパートを建てたり、相続でアパートを所有する場合が多いです。

持っている活用していない土地にアパートを建てることが多く、投資知識がほとんどないためメーカーの言いなりになっていっているケースが多いです。

借上げ契約は35年とありますが、10年後に借上げ賃料は見直し(ほとんど下がる)があったり指定された業者での外壁糸層やリフォームを行わなければ借上げ継続できないなど要件があります。

なかなか借上げの内容をすべて把握するのは私でも難しいです。

契約する前には自分一人だけでなく、知識のある信頼できる人に見てもらったり相談しましょう。

もちろん土地活用で考えた場合そのままにしておくより収益が出る場合もありますが、最終的にはアパート経営に失敗してしまい損してしまう場合も少なくありません。

不動産投資は良い物件と、信頼できる管理会社がいれば再現性の高い良い投資だと思います。

収益物件を売買するときや建築、管理契約するときも契約時の内容がとても大切です。

儲かっているかどうかは物件を処分するときまでわかりません。

所有中のキャッシュフローのチェックももちろんですが、最後どうするかは早めに考えた方がいいでしょう。

・朽ちるまで所有して売却するか
・収益物件として売れるうちに売却してしまうか

判断を間違ってしまうと最後の最後で大幅なマイナスになることも珍しくないため早めに考えましょう。

未経験OK!副収入におススメのマンション投資一括資料請求▶\【Oh!Ya(オーヤ)】一括資料請求はこちら/

不動産を高く売りたいならまずはAI査定から▶「おうちクラベル」無料一括査定とAI査定をセットで行います!安心のソニーグループ関連企業

持て余している土地や空き家の活用を複数一括提案▶相続での土地活用、空き家活用を様々な角度からご提案します

\応援クリックお願いします!/
不動産ランキング
不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次