外壁塗装の最適化-相見積りのポイントを押さえて後悔しない工事を行う

当ページのリンクには広告が含まれています。

自宅やアパートの塗装を考える際にどのポイントに気を付けたら良いかを説明します。

また、外壁の塗装は施工の仕方(2度塗り、3度塗りなど)は様々です。

塗装は様々な効果をもたらせてくれます。

見た目が良くなるのはもちろん、雨漏り防止や外壁の浮きなどの予防にもなります。

問い合わせ前には施工内容と適切な金額かどうかも含め、質問や合い見積もりで確認しましょう。



目次

外壁塗装相見積りの重要性とは?予算を最適化するメリットとは

みなさん、外壁塗装をご検討中の皆さまにとって、外壁塗装相見積りは非常に重要です。

なぜなら、複数の業者から見積もりを取ることで、予算を最適化することができるからです。

外壁塗装は大きな費用がかかるため、見積りを比較することでコストを抑えることができます。

また、複数の業者の見積りを比較することで、施工内容やサービスの質を確認することもできます。

外壁相見積もりをする前に知っておきたい基本的なポイントとは?

見積のポイントは必ず複数の業者と比べてみることです。

なぜかというと外壁塗装は施工方法によって、金額もピンからキリまで調整ができてしまいます。

しかも施工する㎡数も多いため、施工単価が高かった場合は最終的な金額にも大きな差が出てしまいます。

外壁塗装見積内容のほとんどが施工㎡単価となりますので、単価の金額には最大の注意をすることが重要です。

また、外壁塗装相見積りをする際には、以下の基本的なポイントを押さえておく必要があります。

外壁塗装の必要性と種類の理解

まずは、外壁塗装の目的や効果、種類について事前に理解しておきましょう。

外壁塗装にはさまざまな塗装方法があり、それぞれ特徴が異なります。

ただ外壁の色を変えるだけや雨漏り補修、防止の塗装なのかなどしっかりと目的の確認と業者に伝えましょう。

自身の建物の状態やニーズに合った塗装方法を選ぶためにも、事前に情報収集を行いましょう。

見積もりに含まれる項目や作業の詳細を確認する

見積もりには、塗装面積や使用する塗料、工事の期間など、詳細な項目が記載されています。

これらの項目を確認し、業者間で比較することが重要です。

まったく同じ塗装作業はないので、わからないことや不明な項目はしっかりと担当者に聞くのも大切です。

また、追加で必要な作業や費用がないかも確認しておきましょう。

リフォームに関しての参考記事▶1000万円のリフォームで実現する将来住宅価値の向上と収益性

見積り書の内容を確認する際に押さえるべきポイントとは?

見積書書を見た際に、ただ単に単価や合計金額を確認すればいいというわけではありません。

見積り書の内容を把握することも、外壁塗装相見積りで重要なポイントです。

以下に確認すべきポイントをまとめました。

施工内容の確認

見積りには塗装の範囲や塗料の種類、下地処理の内容などが記載されています。

塗装業者によって、2度塗りや3度塗りなどの違いも出てきます。

また、これらの内容が自身の要望や建物の状況と一致しているか確認しましょう。

使用する材料や品質

見積りには使用する塗料やその品質についても記載されています。

使用されている塗料によって耐久年数も違います。

もちろん予算との関係もありますが、自分が施工される建物に使われる塗料はどの様な物なのかは把握しておきましょう。

外壁塗装は長期間保護するためのものなので、耐久性や防水性などにこだわることが重要です。

工期の明示

工事の期間が明示されているか確認しましょう。

投資物件の外壁塗装の場合、工事期間の通知等は必須です。

その期間洗濯物が干せないや足場が外れるまで日があたらないなども起こりえます。

長期にわたる工事は生活に支障をきたす場合もあるため、スケジュールの調整をする必要があります。

注意すべき外壁塗装相見積りの落とし穴とは?避けるべきポイントを解説

外壁塗装相見積りには注意が必要なポイントも存在します。

以下に注意すべきポイントを解説いたします。

安価な見積りのリスクと品質への影響

安い見積りは魅力的に思えますが、品質や施工内容の面で問題が生じる可能性があります。

業者の実績や信頼性を確認し、価格だけでなく品質も考慮することが重要です。

信頼できそうな良い担当者やしっかりと目的や内容を伝えた合い見積もりがリスクを下げてくれます。

追加費用や保証内容が不明確な見積りへの注意

見積り書には追加費用や保証内容が明示されているか確認しましょう。

不明確な見積りは後々追加費用が発生したり、保証内容が曖昧であったりするリスクがあります。

工事は予期せぬ出来事が起こりえます。

工事請負契約書を結ぶ場合でも結ばない場合でも、追加費用が起こる場合があるのかと保証内容の確認はしっかりと行いましょう。

できれば書面で残してもらえるようお願いしてみましょう。

複数業者からの見積りを比較する際に重要なチェックポイント

外壁塗装相見積りの際には、複数の業者からの見積りを比較することがおすすめです。

現在は直接店舗に行かなくても、自宅で複数の業者に見積を依頼できる一括見積サイトもあります。

以下に重要なチェックポイントをまとめました。

価格だけでなく業者の信頼性や実績を確認

外壁塗装は長期間保護するため、信頼性の高い業者を選ぶことが重要です。

過去の実績や口コミなどを調べ、信頼できる業者を見つけましょう。

見積が良さそうな業者を見つけた場合は業者名をネット検索してみるのが良いでしょう。

しかしホームページ内のお客様の声などはサイト内でどうにでも変えることができるので注意が必要です。

また、確認するべき点としては施工実績数なども比較対象にするのも良いでしょう。

追加サービスや保証内容の比較によるメリットの検討

業者によっては追加のサービスや保証内容が異なる場合があります。

これらの点も比較し、将来的なメリットを見極めることが重要です。

特に保証範囲や保証年数には大きな違いがあります。

見積担当者にこの点に関しては納得するまで質問してみましょう。

外壁塗装相見積りで予算を最適化するコツとは?プロのアドバイスをご紹介!

外壁塗装相見積りで予算を最適化するためには、以下のコツを押さえることが大切です。

複数業者からの見積りを比較し適切な価格を把握

複数の業者から見積りを取ることで、相場価格や適正価格を把握することができます。

安すぎる見積りや高すぎる見積りには注意し、適切な価格を見極めましょう。

また、施工内容と金額をセットで見ることをお勧めします。

安すぎる場合にはそもそもの部材が安いものを使われていたり、施工内容が簡素化されている場合もあるからです。

こちらからなら外壁塗装の相場が分かります▶ヌリカエで外壁塗装の適正価格をチェック

必要な工事内容を明確にし、不要な追加費用を削減

外壁塗装には必要な工事内容とそうでない部分があります。

自身の要望や建物の状況に合わせて必要な工事内容を明確にし、不要な追加費用を削減しましょう。

複数業者の見積もりで大まかな金額が出たら担当と細かな打ち合わせをしていきましょう。

削れる項目や逆にやってくれると思っていたことが見積もりに入っていない場合があります。

そのリスクを回避するためには、見積もりが出た後も担当者と細かい打ち合わせと意思疎通が必要になります。

皆さまが満足できる結果を得るためにも、上記のポイントを押さえましょう。

職人の技術力や経験を考慮して選定する

外壁塗装の質は職人の技術力や経験に大きく左右されます。

見積りを比較する際には、業者の職人の技術力や経験にも注目しましょう。

実績や施工例を確認することで、安心して任せることができる業者を選ぶことができます。

会社のホームページでは実際の施工事例写真を見れる場合もあります。

施工事例をいくつか見ることで、自分に合った施工事例も見つかるかもしれません。

追加費用や保証内容を比較し、コストパフォーマンスを考慮する

見積りには追加費用や保証内容が含まれている場合があります。

これらのポイントも比較し、コストパフォーマンスを考慮しましょう。

割高な見積りでも、長期保証や追加サービスが含まれている場合はメリットがある場合もあります。

何かが起こることがないのがもちろんですが、雨風にさらされる場所になるので保証はしっかりと確認しましょう。

相談やアドバイスを受ける

外壁塗装相見積りは、プロのアドバイスを受ける絶好の機会でもあります。

業者に相談することで、自身の要望や疑問に対して的確なアドバイスや解決策を得ることができます。

また、複数の業者との比較によっても、より良い提案やアイデアを得ることができます。

複数の見積もりを取ることで比べることはもちろんのこと、様々な見積もりを読み解くことで知識も付きます。

まとめ

外壁塗装相見積りは、予算を最適化するために必要なステップです。

複数の業者からの見積りを比較し、価格や品質、施工内容、保証内容などを慎重に検討することが重要です。

プロのアドバイスを受けながら、満足度の高い外壁塗装を実現しましょう!

未経験OK!副収入におススメのマンション投資一括資料請求▶\【Oh!Ya(オーヤ)】一括資料請求はこちら/

不動産を高く売りたいならまずはAI査定から▶「おうちクラベル」無料一括査定とAI査定をセットで行います!安心のソニーグループ関連企業

持て余している土地や空き家の活用を複数一括提案▶相続での土地活用、空き家活用を様々な角度からご提案します

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次