地方不動産投資の空室問題:多い理由と解決策を徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

いつも応援いただきありがとうございます。

今回は地方不動産投資物件でなぜ空室が多く放置されている物件が多いのか?


空室が多く放置されている物件は、今後の収益に可能性がないのかを考えていきます!

目次

そもそも地方は放置されている収益物件って多いの?

せっかく持っている資産なのですから、活用しないともったいないと思いますよね。

ましてや継続的な収益が見込める不動産となれば、だれもが活用しなければ!と思うかもしれません。

しかし地方では収益不動産物件を所有している人も高齢化が進んでいます。


不動産バブル時代は賃料を下げなくても、礼金を取ってでも、入居者からお部屋を貸してほしいとお願いされるほどだったと言います。

そんな経験をしてきた方たちは、今更何十万とリフォームにお金を使い、今や礼金も取れずに賃料フリーレントが当たり前などになってしまうと放置してしまう方も多くいらっしゃるようです。

私の経験でもリフォームせずに現在の募集条件のままで、募集してほしいとお話しする方は多くいらっしゃいます。


対策をせずにそのまま放置していくと、持っているだけで収益がマイナスになってしまい、手放さざるを得ない状況になってしまいます。

なぜ投資家には空室率が高い地方収益不動産も人気なのか?

投資家さんの中には好んで地方不動産ばかりを購入される方が、多くいらっしゃいます。


理由は簡単です。空室の原因を突き止め解決し、満室にすれば高利回り収益物件になるからです。

空室が多い物件の理由は様々ですが、私が見てきた中で言うと賃貸用の適切なリフォームをできていないことが多いです。


賃貸検索サイトSUUMO(スーモ)などで適正賃料の金額帯を把握して、改善すれば入居は問題ないと考える物件は多いです。

都内から購入される投資家さんや、法人で購入される方などは、募集条件やリフォームに加え、入居者を決めてくれた不動産業者に広告料(主に賃料の1ヶ月~3ヶ月ほど)を支払って、優先的に所有する物件を決めてもらいたいと思っている方もいます。

地方は客付けの対策や情報なども遅れることが多い為、対策をしっかり行っている方や満室にするやり方を熟知している人が、その地域で勝てる可能性も上がります。

ずっと所有されている方は、急に賃貸が借り手市場になって対策やリフォームなどはしたくないと考える方は一定数いらっしゃるかと思います。


そこで入居者に選ばれる物件になるかの違いが大きく出てくるのです。

空室が多い物件を購入して満室にするのは無理なのか?

空室が多い物件はむしろ宝の山だと思います。

しかし購入の際に空室が多く安く売りに出されているから、購入して満室にすれば高収益!

と思っているだけでは必ず失敗してしまいます。

現状そのように思って購入希望される方も多いです。

しかしまずはなぜ購入しようと、思っている物件の空室率が高いのかを考えてください。

現所有者にお金がなくリフォームできなくて空室が多いのであれば、購入金額と同等の融資で購入しても手持ち資金で、リフォームに使えるそこそこの現金がなければ失敗してしまいます。


もちろん地域性によってそもそも客付けに苦戦する土地もあります。

賃貸物件のライバルが多い地域など、賃貸金額の価格崩壊のようなことが起こります。

そもそもリフォームしても投資金額を回収できないなどリスクもあります。

自分に合ったリフォームプランを一括見積

不動産購入前にはできるだけ情報を集めよう!

地方で収益物件を成功させるのは情報が命だと思います。

情報を集める方法はいろいろあります。

現地の不動産業者に実際に足を運び信頼できる担当者を見つける。

不動産セミナーなどで知り合った先輩投資家さんの話を聞くなど様々です。


無料で獲得できる情報の中には大いに利用できるものがあります。

しかしその先にお金がかかる情報や無料情報からの実際の購入に進むべき時には、頼れる担当や仲間に相談することが一番安心でしょう。

本当に成功している不動産投資先輩に会えることが、人生で一番の不動産投資成功への近道だと思います。


不動産投資は関わってくる人との付き合い方で、楽しくもつらくもなりますからね!



ときどの地方不動産収益物件担当

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次