『賃貸物件を預かる際の現地物件調査』

当ページのリンクには広告が含まれています。


不動産に関するブログも運営しています↓

賃貸物件を募集預かる際には、物件の現地調査を行います。

募集する条件や現地を確認して入居付け可能かどうかなどを確認する作業です。

賃貸物件の最初の査定が重要で募集金額によってはそのまま1年以上空室になってしまうこともあります。

募集賃料と現地の状態や建物立地を見て査定は判断します。

また、募集条件によっても賃料は大きく変わってきます。

特に賃料に大きく影響するのがペットが飼えるかどうかです。

色々な要素を総合的に判断をして賃料が決まります。

室内の設備をリフォームしたりするとそれも賃料に影響します。

賃料アップに関係する設備行為や条件などいろいろあるので、ポイントを押さえてリフォームや条件を決めて行けるとよいでしょう。

不動産投資に関して学ぶならこちらの記事から↓

未経験OK!副収入におススメのマンション投資一括資料請求▶\【Oh!Ya(オーヤ)】一括資料請求はこちら/

不動産を高く売りたいならまずはAI査定から▶「おうちクラベル」無料一括査定とAI査定をセットで行います!安心のソニーグループ関連企業

持て余している土地や空き家の活用を複数一括提案▶相続での土地活用、空き家活用を様々な角度からご提案します

住宅ローンの比較は▶モゲチェック

\応援クリックお願いします!/
不動産ランキング
不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次