プロ不動産投資家が実践する情報活用術:情報がもたらす投資の成功貢献

当ページのリンクには広告が含まれています。

投資物件は購入前の情報収集が大切です。

購入前の情報量や質により、満室にするまでの期間が短縮できます。

得に知らない地域の購入となると、どういった情報を仕入れるかが重要です。

目次

いろいろな業者が物件を募集している訳

ネットに記載されている物件で、地方の収益物件なのに東京の業者が売りに出していることが多くあります。

そういった業者の中には、現地も見たことがなく売りに出している業者もいるぐらいです。

情報を持っている募集会社の内容をそのままコピーして、募集するなんてこともあります。

また、必ずしも物件を管理している会社が売りに出しているとも限りません。

最新の情報や質の良い情報をどこから仕入れるか?

ズバリ購入する物件で、良い情報を持っているのは管理会社です。

滞納や物件の修繕などだけであれば、販売会社などでもわかるかもしれません。

住んでいる入居者の事や現地の細かいことなどは販売会社に情報が回っていない可能性も十分にあります。

また、空室が多い物件であればなぜ空室が多いのか?などの具体的な理由もわかるはずです。

賃料が高いのか?リフォームがされていないのか?物件に瑕疵があるのか?

その理由がわかっていれば、購入した後に改善するだけです。

購入後管理を変更する予定があっても、ずっと管理していた会社に挨拶もしないで変更してしまうと、後々大変な事にもなります。

しかし、空室が多い原因として、管理会社の能力が低く、募集方法やリフォームの提案もできていなく空いている場合もあります。

参考記事▶不動産投資初心者必見!リスク回避のための基本的な考え方と考え方

信頼できる情報とは?

やはり信頼できる情報は、現地に行き自分の目で確認することが重要です。

また、販売会社や管理会社などに足を運び、直接担当者と会ってみるのが一番だと思います。

なかなか任せられそうな担当に出会えないかもしれません、その際には現地の周囲にある不動産会社にも足を運び、話を聞いてみるのもいいです。

やはり購入前には一度物件を見に行き、管理会社や近くの不動産業者を回り良い担当を探すのが良いでしょう!  

良い担当に出会えるかも、満室への第一歩です!

いつも応援いただき、ありがとうございます!

他にも不動産購入前、不動産購入後に分けて確認すべき事を書いてます。

よろしければ下のクリックからご覧ください!

ときどの地方不動産収益物件担当

未経験OK!副収入におススメのマンション投資一括資料請求▶\【Oh!Ya(オーヤ)】一括資料請求はこちら/

不動産を高く売りたいならまずはAI査定から▶「おうちクラベル」無料一括査定とAI査定をセットで行います!安心のソニーグループ関連企業

持て余している土地や空き家の活用を複数一括提案▶相続での土地活用、空き家活用を様々な角度からご提案します

\応援クリックお願いします!/
不動産ランキング
不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次