賃貸保証会社なしの不動産投資はリスク大?連帯保証人より保証会社を選ぶ訳

当ページのリンクには広告が含まれています。

保証人が居ない賃貸借契約は危険と思っていませんか?

賃貸借契約は保証人ではなく、現在は保証会社加入が主流となっています。

時代の流れにより、保証人になってくれる人も少なくなったからです。

また、オーナーからすると保証人より保証会社の方がメリットがあります。

ここでは保証会社の重要性を説明したいと思います。

目次

収益物件での保証会社の重要性

現在賃貸に入居する際必須とされている保証会社ですが、数年前までは保証会社ではなく連帯保証人での入居が多くありました。

アパートなどの収益物件を購入される際に入居者様が保証会社に加入しているかどうかは必須の確認事項とされいます。

仮に保証会社に加入していたとしても保証の内容がしっかりついているとは限りません。

初回の契約金が安い保証会社にありがちですが、賃料のみの保証で原状回復保証が一切入っていないというものが昔は多くありました。

その期間中に入られた入居者は契約によっては、原状回復特約がないままの契約となっている場合があります。

また、収益物件を購入して管理会社を変える際も気を付けなければいけない点があります。

現在住まわれている入居者様の保証会社が何種類もいた場合です。

保証会社の引継ぎを次の管理会社にする場合、入居者が加入している保証会社と代理店契約を管理会社がしていない場合引き継げない場合があります。

その際には以前の保証会社を解約し、管理会社が代理店契約している保証会社に再度加入していただく必要が出てきます。

もちろんその際には再度契約手数料も発生します。

また、別の保証会社に入れる際には新規加入という形になるので入居者様の再度保証会社の審査が必要となります。

場合によっては新規保証会社に審査で落ちてしまいます。

保証会社を引き継げないとその部屋はオーナー様で管理し続けるか保証会社無しでの管理をするしかなくなります。

まとめ

最終的に、賃貸保証会社か連帯保証人かを選ぶ際には、リスクを最小限に抑え、賃貸物件の収益と安定性を確保するために、注意深く検討しましょう。

そして、適切な選択をすることが重要です。

また、管理会社や収益売却など専門家の助言を受けることも賢明です。

管理会社に管理委託後は保証内容を確認してもらうことも忘れないようにしましょう。

・保証会社に加入しているからといってすべて引き継げるわけではない

・そもそも保証内容が悪く原状回復など保証されない場合もある

・入居者保証内容の確認は自主管理では難しい。しっかりと管理会社を通して確認しましょう

今回は保証会社に関してまとめてみました。
購入する物件の入居者が保証会社に加入しているからといって油断しないようにしましょう!
特に古い契約に関しては要注意です。

参考記事▶安心の賃貸契約を目指す:保証と保証会社の役割と選びのポイント

未経験OK!副収入におススメのマンション投資一括資料請求▶\【Oh!Ya(オーヤ)】一括資料請求はこちら/

不動産を高く売りたいならまずはAI査定から▶「おうちクラベル」無料一括査定とAI査定をセットで行います!安心のソニーグループ関連企業

持て余している土地や空き家の活用を複数一括提案▶相続での土地活用、空き家活用を様々な角度からご提案します

\応援クリックお願いします!/
不動産ランキング
不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次