退去時の費用はどれくらいが適切ですか?判断な退去費用の見極め方とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。

住んでいる入居者はいつか退去します。

退去の際に必ず出てくるのが、退去精算です!

目次

退去者の気持ちと所有者の気持ちとは?

入居者はお金を払いたくない、所有者はお金を払ってほしいと考えます。

入居者はこれから出ていくお部屋に、精算金を支払わないといけません。

所有者は家賃収入がなくなる部屋に、リフォームするために投資しなくてはいけません。

退去立会の際には、契約書をもとに退去立会を進めます。

基本的には退去立会の際に、賃貸借契約書をもとに精算致します。

他にも現状回復ルールに関して、東京ルールやガイドラン等もあります。

退去費用はどこまで請求することが可能なのか?

退去精算で請求する部分は、故意や過失による汚損、破損です。

入居者様が汚した箇所はすべて請求できると思っている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

クロスなどには、耐久年数というものがあります。

例えばクロスが耐久年数が6年と言われています。

なので6年以上住んで、価値が0になり請求ができないのです。

実際は6年以上使用しているお部屋もあるので、価値が0になり使えなくなるなんてことはありません。

請求に関しても耐久年数を考慮して請求する会社もあれば、全く考慮しない会社もあります。

・入居年数が長くなると退去生産費用も少なく、リフォーム金額も大きい

耐久年数を考慮して考えると、退去後の投資は以下のように考えます。

・入居年数が長い場合
退去精算の金額が少なくなり、リフォーム金額が増える

・入居年数が短い場合
退去状態によっては、多くの退去精算金が請求でき、入居年数も短い為リフォームを押さえられる。

当たり前のようなことかもしれません。

しかし、物件を購入する際に、既存の入居者がいつから入居しているか見られているでしょうか?

入居者が長く住んでいようと、短く住んでいようと退去した際のリフォーム投資をするのは購入者です。

購入の際には既存入居者の契約年数も確認するようにする

購入の際に、入居者の契約年数を確認することが大切です。

確認したからと言って、売主に請求出来たりはしないのですが、今後の予算を考えることはできます。

余りに入居年数が長く、お部屋を直して募集できないなんて事がないように、考える必要があります。

退去者は、お部屋の経年劣化による費用は支払いません。

空室が古くなったら、リフォームをするのは所有者です。

退去金等は当てにせず、購入の際には事前に入居者の契約年数を確認するなどして、大体の費用を確認しておくようにしましょう!

お風呂・洗面所リフォームプラン作成無料です

未経験OK!副収入におススメのマンション投資一括資料請求▶\【Oh!Ya(オーヤ)】一括資料請求はこちら/

不動産を高く売りたいならまずはAI査定から▶「おうちクラベル」無料一括査定とAI査定をセットで行います!安心のソニーグループ関連企業

持て余している土地や空き家の活用を複数一括提案▶相続での土地活用、空き家活用を様々な角度からご提案します

\応援クリックお願いします!/
不動産ランキング
不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次