成功する賃貸経営の秘訣!空室部屋モデルルーム効果のメリットとは?

当ページのリンクには広告が含まれています。

購入した物件で空室が多い場合、入居促進として行われることがあるのがモデルルーム作成です。

今回は空室が多い物件の場合、家具や家電を設置してオシャレにモデルルームで募集をする。

果たして効果的なのかを考えていきたいと思います。

また、かかる費用に対してやる価値はあるのかも重要になっていきます。

この後はモデルルームに関して簡単にまとめてご紹介致します。

目次

まずモデルルーム作成にはいくらぐらいかかるのか?

モデルルーム作成を考える際には、まずどれぐらい費用が必要なのかを考えなくてはいけません。

家具はどのグレードにするか、家電も設置するのかなどです。

家具を設置するだけでも、ベッドは必要か?ソファーは必要か?など様々です。

なので逆に大体の予算から決めてしまうのが良いと思います。

例えば20万円であれば、その部屋をモデルルームにするために必須なものから考えていけばよいでしょう。

ファミリータイプであれば、リビングに4人掛けのテーブルやイスなどです。
ソファーやテレビ台なども設置するとイメージがしやすいと思います。

テーブルやキッチンの上に小物などを置いても良いでしょう。

モデルルームを設置した場合の募集方法とは

モデルルームを設置する場合は、空室部屋が多い場合が有効です。

例えば1部屋をリーフォームした後、モデルルーム使用にしたら案内はすべてその部屋で行う事が出来ます。

モデルルームを見てもらった感じで、空室部屋のリフォーム内容を決めることができます。

募集間取りが同じタイプのマンションやアパートに有効です。

間取りが反転している場合でも、リフォーム金額は一緒になります。

希望があれば入居前にアクセントクロスの位置や、柄などを選んでもらって工事をした後入居できるなどもあります。

モデルルームのデメリットと効果

デメリットとしては、モデルルームが1部屋の場合急な入居には対応しずらい事です。

その際には家具などを空室部屋に移して、モデルルームを貸し出すなどの対応になります。

新たな空室部屋をリフォームするまで、モデルルーム(案内部屋)がないことになります。

もちろん全ての空室を一気にリフォームできるのが良いですが、数部屋リフォーム部屋を用意できれば問題ありません。

気になる効果としては、期待以上の効果とは言えないかもしれません。

しかし空室が多い地域などでは、他の空室物件と差別化するためには色々と考えなくてはいけません。

モデルルームを用意する投資家もいるのも事実です。

募集の際に入居者へ決めてもらえるアプローチとして検討してみてはいかがでしょうか!

いつも応援いただき、ありがとうございます!

他にも不動産購入前、不動産購入後に分けて確認すべき事を書いてます。

よろしければ下のクリックからご覧ください!

ときどの地方不動産収益物件担当



にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次