効率的な賃貸経営のためにキーボックス収益物件設置の一時とメリット

当ページのリンクには広告が含まれています。

投資物件を所有した際に、自主管理するか管理会社に任せるかは悩むところだと思います。

しかしどちらにせよ現地に鍵BOXを設置し、空室の鍵を入れておくのが良いです。

本体を購入すれば再利用もできますので、コストと検討して購入をおすすめします。

費用対効果も良くとても便利です。

鍵BOXの用途やメリットを見ていきましょう。

国内最大級の建材サイト【鍵BOXを探すならこちら】

目次

鍵BOXとはいったいどういったものなのか?

鍵BOXは鍵番人と言われる場合もあります。

形は様々な形がありますが、基本的には家などの鍵が数本入るような形をしています。

鍵が入る箱にフックがついていて雨樋や手すり、ガス管などに設置することができます。

耐久性もあり、雨に濡れてしまうような場所でもしっかりと設置できます。

鍵が入っているBOXも4桁の数字をあらかじめ決めて、その数字に合わせることで開けることができます。

鍵BOXを設置した際、どういった効果があるのかや設置のコストや設置場所など

色々な面から考えていきたいと思います。

鍵BOXの設置コスト

現場や空室に設置できる鍵付きのBOXですが、価格帯は2,000円~などピンからキリまであります。

基本的には外で使用することが多い為、錆に強いタイプを選べば問題ありません。

鍵を入れるだけなので、ネットなどで安価なものを探すと良いでしょう。

圧倒的的な品揃え!DIYにも建材サイト【アウンワークス】

設置後の使い方

鍵BOXは建物入り口の鍵を入れておき、番号を知っている人ならいつでも入れる便利な道具です。

また、鍵が1本の場合でも現地に置いておけば、鍵を複製する必要もありません。

番号を教えておけば、リフォーム業者も案内の不動産業者も鍵が1本あれzば入ることができます。

特に自主管理で複数の不動産業者に案内をお願いする場合は、現地に鍵番人を設置しておくのが良いでしょう。

案内の際にはどの業者も鍵BOXを開けて鍵を取り出すことができるので、非常に案内が楽になります。

設置後には、案内をお願いしている業者に番号をメールで連絡しましょう。

現地に鍵があれば、他の物件を案内で決まらなかった時など、そのままふらっと案内に行ってもらえる場合があります。

案内やリフォーム、現地の確認の際にも活躍します!鍵BOXの便利さに気づいたらすべての物件に設置しましょう。

空室が多いアパートの場合は、全室の鍵を鍵BOXに入れても良いですが、大きさによっては全て入りきらない場合があります。

その際には空き部屋に空室の鍵を入れて、鍵を入れている空室の鍵をBOXに入れておけば問題ありません。

まとめ

鍵BOXは安価な物で良いですが、錆に強いタイプを選びましょう。

また、形や性能は特に大差がない為、ネットなどで購入も良いと思います。

しかし、鍵が何本入るかなどの容量は注意しましょう。

空室がある建物にはすべて設置して、業者の出入りを楽にしましょう

空室が多い物件でも1棟の建物で、鍵番人は1つで十分です!

費用対効果を考えて、物件を効率よく満室を目指していきましょう。

マンションの売却査定なら▶マンション専門の売却一括査定サービス「マンションナビ」

不動産セミナーを聞いてみたい方はこちら▶不動産投資セミナー【日本財託】

インテリアの必要品▶おしゃれカーテン・インテリア通販「MUTUKI」

\応援クリックお願いします!/

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 不動産ランキング
不動産ランキング


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次