不動産投資を成功させるために:近隣苦情対応の重要性と効果的な方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

投資家さんの問い合わせで、近隣からのクレームをどうしたらよいか相談を受けることがあります。

自主管理大家にとって、近隣クレームや入居者クレームは悩みの種になるでしょう。

特に音の問題など対処方法がわからずそのまま放置して、退去にまでなるケースもあります。

入居者からのクレームは様々です。本当にクレームなのか?それとも要望なのか?色々なパターンがあります。

入居者から直接自主管理の所有者に連絡が来た際、あまり経験がないと対処の仕方に困ってしまいます。

本当はやらなくていい事なのに。。。対応しないと退去に繋がってしまう案件だったりなどです。

まずクレーム対処は、本当にクレームなのかを見分ける事が大切です。

対応すべき事なのか、そうでないことなのかをしっかりと見分ければ、後は解決できる業者に発注するだけです!

参考記事:▶不動産投資の時間投資とリターン:時間の使い方が収益に与える影響を理解する

目次

近隣クレームはどういったことがあるの?

夏場の時期になると雑草が生えてきてしまったりして、虫が発生してしまうなどあります。

遠方の場合は見に行くことも難しいですし、ましてや自分で草刈りをするわけにもいきません。

木などは隣の家に侵入して、伸びてしまう場合もあります。

他にも音の問題やごみ問題で、苦情が来る場合もあります。

所有している物件の近くに変わった方が住んでいると、対応が大変です。

近隣からの苦情などは放置をしていると、入居者に悪い影響を与えることがほとんどな為、放置してそのままおさまるだろうと思わないほうが良いです。

解決方法はどうしたらいいのか

自主管理の場合は、解決に向けで自ら動いていかなくてはいけないこともあります。

解決方法はそれぞれですので、その問題を解決できるように動くしかありません。

雑草が伸びてきてしまっている場合は、見積もりを取り業者にお願いする。

騒音問題の場合は、入居者に訪問し注意をするか通知文を撒くなどです。

ゴミの問題などは、大家がお金を出して処分する場合もあります。

対処方法を知らないと、放置してしまいがちになってしまいます。

知らない遠方の業者へ、現地も確認せずに見積もりを取ると、割高に出される場合もあります。


解決や改善の5つのオススメまとめ

クレームは対応がそれぞれ違いますが、次の5つはオススメです。

①管理会社にすべて任せる

そもそものアパートや戸建ての管理をすべて地元の業者に任せてしまう方法です。

管理をすべて任せてしまうのが、時間も取られず精神的負担も無くなります。

②地元の業者に依頼をして修繕や草刈りなど解決してもらう

雑草やゴミの問題などであれば、解決できる業者を選定し、直接お願いするのが簡単です。

自分で対応するのではなく、プロに任せれば早めの解決やその後のトラブルにもなりにくいです。

③定期的に物件をチェックし、トラブルが出ないように努める

自主管理であれば、ゴミ問題や雑草問題が起きる前に処理をするなどの事前対策が必要です。

1週間に1度物件に足を運ぶなど、処分できないゴミなどを見つけたら、早めに処分するなど対策をしましょう。

④1年や半年に1度入居者アンケートを取る

入居者に定期的に改善点や困っていることが無いかなどアンケートを取り、事前に対応していく。

⑤住人に定期清掃をお願いする

入居者に1週間に1度アパートの共用部分を掃除してもらうなどをお願いし、変わったことがあれば報告等をしてもらう。

定期清掃を外部に委託するよりも安く済む。

その時の状況によって解決方法は全然違いますが、入居者のクレームを直接受けなくなるという点では管理を委託してしまうのが1番いいかもしれません。

クレームを対応する時間を次の投資物件に充てる時間に変更して、さらなる不労所得を目指しましょう!

参考記事:▶予期せぬトラブルに備えて:収益物件投資家が知っておくべきトラブル回避のコツ



にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次