未経験者のための不動産投資成功ガイド:まずはから始めるステップとコツ

当ページのリンクには広告が含まれています。

不動産投資を始めるにあたって、最初は皆さん初心者です。

収益物件を購入するのに、早いや遅いはありません。

もちろん思い立った時に始めるのが良いと思いますが、不動産投資は始める前の準備が重要です。

物件を購入すれば順調にいくわけではないので、しっかりと考えてから購入しましょう。

また、不動産投資をするにあたって、押さえておくべきポイントをご紹介致します。

目次

知識もない場合何から始めたらいいのか?

不動産で不労所得を得たいと思ったら、ほとんどの方が楽街や健美家などのサイトで、条件の良い物件を探します。

しかしその条件のいい物件とは何でしょうか?

利回りが高いことでしょうか?修繕費がかからない築浅や新築の事でしょうか?

不動産は1つ1つ売買条件や所有コストも変わってきます。

良い物件の条件がわかるまでは、まず情報収集や成功事例などを見て、イメージするのが良いでしょう。

良い物件情報はどうやったら手に入るのか?

物件によって条件はそれぞれ違うので、一番良いのは成功者さんの事例を多く見ることです。

そのためにはコミュニティーに入るのが良いです。

また、セミナーに参加して、同じ受講者の人と仲良くなるのもいいです。

受講者の人と仲良くなれば、成功者のコミュニティーと繋がれる可能性もあります。

既に成功している方や知識がある方に、アドバイスをもらいながら最初は進めるのが良いです。

周りの成功事例を聞いていると、徐々に良い物件の条件がわかってきます。

そういった成功者の中には、独自に良い物件の情報が入るルートを持っていたりします。

不動産投資は融資の関係等がある為、良い物件の情報がたくさん回ってきた際に、すべての物件を購入できるわけではありません。

その際には、知り合いの投資仲間に情報を流している場合もあります。

なので成功者と仲良くなることは、大きなメリットがあると考えます。

当社オーナーの7人に1人がFIREを実現!【日本財託】

色々な不動産業者に出向き仲良くなるものアリ

投資物件が出てくるタイミングを一番最初に知るのは、もちろん物件を預かる不動産担当者です。

特に収益物件の査定担当者と仲良くなると、表に出る前の物件など紹介してもらえる場合があるかもしれません。

まず初めに不動産を知るために一歩踏み出そうと考えている際は、地元の不動産業者を訪れてみるのが良いです。

買うか買わないかは別にして、最初に見てみるのは、地理がわかっている収益物件の方がイメージしやすいと思います。

直ぐに購入を考えるのではなく、色々な物件を見て物件に対する目を肥やしていきましょう。

まとめ

不動産投資を始めたい!不労所得を得たい!と思ったらすぐに物件を買いたくなると思います。

最初の一歩を踏み出す勇気は必要ですが、安易に悪い物件を購入してしまうと次の物件購入に影響します。

1棟目の購入を失敗してしまうと、時間も取られ、お金も取られ不動産投資どころでは無くなってしまいます。

投資家仲間でも不動産業者でも信頼できる人を探し、物件をしっかりと数値で見てもらい実際に見に行ったりして準備しましょう。

色々な物件を見てからでも不動産投資は遅くないです。

まずは失敗しないことを考えて、慎重に1歩進みましょう。

参考記事:▶不動産投資を始めるための準備

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次