適正な家賃設定と満足度向上:家賃相場確認で入居者とのバランスを守る方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

不動産業者の管理営業担当のときどです!
収益不動産を貸しに出すときに気になる家賃相場ですが、
同じ㎡や間取りでも地域によって募集金額が違います。

購入や相続で戸建てやアパートを所有したものの、
初めては何もわからないと思います。

管理を不動産業者に任せるにしても、
本当に相場の賃料で募集されているかもわからない!

近隣周辺の募集賃料がわかる方法があります。

SUUMOなどのポータルサイトで登録など行わず、簡単に調べることができますので、確認してみましょう。

目次

家賃相場はポータルサイトで確認


収益物件で近隣相場の確認は、SUUMOなどのポータルサイトを使いましょう。

相場を確認するには、入居者もお部屋を探しているサイトが効果的です。

ポータルサイトを使用する際には、地域指定や駅まで何分圏内など、細かく検索することができます。

所有物件と条件が同じになるように間取りや㎡数を調整検索して、簡単に近隣の相場を確認しましょう。

設備と築年数の違いに気を付ける


同じ間取りや㎡数だからといって、それだけで相場金額が決まるわけではありません。

募集されている物件のリフォーム状況や、設備の新しさも確認する必要があります。

自分の所有している物件と、設備がどう違うのかなどしっかりと確認していきます。

設備の違いによっても、何千円と差が出る場合もあります。

設備年数を確認しながら、設備の入れ替えも検討しましょう。

近隣物件で所有物件と同じ築年数となると、物件がかなり絞られてしまいます。

なので、所有物件の築年数で前後3年~5年で検索しましょう。

一番重要なのは、同じぐらいの築年数の近隣物件が、どの程度リフォームや大規模修繕を行っているかです。

設備と築年数は同条件の検索で絞りすぎると物件が全く引っかからないので、
近い条件で確認していきましょう。

駐車場が足りない

募集地域で駐車場の適正台数は確保出来ているでしょうか?

都心や中心地域であれば、車は必要ないかもしれません。

しかし、地方物件に関しては、駅が徒歩圏内でも、中心街でも駐車場が必要な場合が多いです。

募集の間取りから想定される家族構成で、必要駐車場台数を確認していきましょう。

そして、その地域に合った必要駐車場台数を確認と確保しましょう。

良い部屋を作成したとしても、必要駐車場台数が足りない場合、入居者も借りたくても借りられません。

事前に近隣駐車場等の空き台数も確認しておきましょう。

周辺環境の違い

募集している物件は、それぞれ建っている場所が違います。

なので、賃料や設備などで検索をしても、周辺環境の違いが発生します。

同じ賃料でも駅が近かったり、スーパーやコンビニが近いなどです。

周辺環境の違いを家賃査定に考慮するのは、地元や長年住んでいたなど、地域に詳しくないと難しいです。

購入後には建っている建物の位置は変えられないので、購入前の査定で確認する必要があります。

家賃相場は地元の不動産業者に聞くのが一番

SUUMOなどのポータルサイトで大体の相場観を確認することはできますが、実際査定から試算当する場合は、地元の業者に聞くのが一番です。

入居者を紹介や案内をするのは地元不動産業者がほとんどの為、実際に募集する業者に確認するのが一番です。

しかし、募集金額やリフォームなどすべて業者に任せてしまうと、業者の言いなりになってしまいます。

まずは全てをお願いする前に、所有者自身でも相場観を身につけましょう。

良い投資物件に出会えても、リフォームや募集で失敗される投資家さんもいらっしゃいます。

賃貸の募集は購入時の時と比べて、調べることや動く事は地味かもしれません。

所有してからの頑張りで、さらに利回りが増える可能性もあります。

常に所有物件が空室になった際の賃料相場は、把握しておきましょう。

不動産投資を始めるための記事はこちら



にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次