安心の賃貸契約を目指す:保証と保証会社の役割と選びのポイント

当ページのリンクには広告が含まれています。

不動産仲介会社を通して、アパートを借りる際に、保証会社の加入を必須と言われたことがあると思います。

お部屋を借りる際に所有者から直接借りることができた場合は、保証人や保証会社に加入しないで、お部屋を借りられたという方もいらっしゃるかと思います。

なぜ不動産仲介会社を通すと、保証会社の加入が、お部屋を借りる際の条件になっているのかを説明致します。

目次

お部屋を貸すリスクを減らしてれる保証会社

貸すリスクを減らすだけで、借りる側にメリットがないと思われるかと思いますが、貸す方もリスクがあると、お部屋を貸してもらえません。

不動産仲介会社は保証会社を入居者さんに加入してもらうことによって、所有者にもリスクがなくお部屋を活用できますよ!と紹介できます。

借りる側も貸してくれるお部屋が無いと、お部屋を選ぶこともできません。

貸しに出すオーナー様が増えていけば、選べるお部屋も増え同じ価格帯での競争が増えるので、良いお部屋も自然に増えていきます。

なので、借りる側にも貸す側にも保証会社の加入にはメリットがあるのです。

実際に所有者は、入居者が保証会社に加入することによってどういったメリットがあるのでしょうか?

保証人に関する参考記事▶不動産賃貸の連帯保証人の責任と義務とは?連帯保証人がどのような責任を負うのか

賃料滞納のリスクを減らしてくれる

保証会社に加入すると入居者の家賃滞納のリスクを減らしてくれます。

保証会社によりますが、入居者が賃料の支払いが滞ってしまった場合、24ヶ月程賃料を保証してくれます。

所有者や管理会社への賃料の支払いも、毎月決まった日にちに振り込まれます。

例え入居者が保証会社に家賃の支払いが遅れた場合でも、保証会社は毎月決まった日にちに送金を行うのです。

入居者が何ヶ月保証会社に入金滞納しても、所有者や管理会社は毎月賃料の入金はあるわけですが、保証会社への滞納が3ヶ月以上になった際には、強制退去の可能性もあります。

24ヶ月賃料保証と言っても、保証会社もただ滞納を見逃すわけではありません。

3ヶ月以上の滞納になった場合、所有者に代わって退去請求を行います。

その費用も基本的には保証会社が負担する為、所有者の賃貸滞納のリスクは、ほとんどの場合無くなります。

退去時には原状回復費用の保証

退去時には原状回復の保証があります。

原状回復の請求には、請求書や現場確認の審査等がありますが、3ヶ月~24ヶ月まで保証してくれるところまであります。

しかし、請求の審査に関しては、クロス単価や物の単価が平均的かなどや、現状回復ルールに乗っ取って減価償却などを考慮しているかなど見られます。

正当な請求を退去者が支払われない場合のみ、保証会社が退去者の代わりに所有者に支払いをします。

その後に保証会社は、代わりに支払いをした分を退去者に請求するのです。

なので、保証会社へ原状回復費用の請求は原状回復ルールに乗っ取り、凡例等を考慮した部分しか請求できないのです。

退去者が長く住んでいた為、全体のリフォームがかかるので「退去費用保証してくれるし、保証会社に全部請求しよう!」と言うのは出来ないのです。

保証会社の加入費用や更新費用は、入居者支払いなので所有者に費用負担が無い

保証人の代わりになるのが保証会社です。

今まで連帯保証人を立ててきたのが入居者なので、保証会社を立てる必要費用も必然的に入居者が負担します。

保証会社の費用を入居者が、必ず負担しなければいけないという事ではないので、入居者初期費用の軽減のため、所有者が負担する場合ももちろんあります。

しかし現在は保証会社の加入費用や更新費用は、入居者が支払っていく流れになっていますので、所有者には費用負担する場合が少ないです。

まとめ


いかがでしたか?

保証会社の加入は、所有者の滞納を保証してくれるぐらいと思っていた方も多いと思います。

現在は親族といえ連帯保証人を頼むのは、なかなか難しい場合が多いのではないでしょうか?

そういった面でも初期費用と更新手数料を支払うことによって、連帯保証人を立てることなくお部屋を借りられるのはとても良いと思います。

連帯保証人になってしまった人も、連帯保証契約によって多額の債務請求がくるとも限りません。

入居者と所有者が、健全な賃貸借契約を進めて行くにあたって、現在の保証会社必須の流れは必然なの
です!

未経験OK!副収入におススメのマンション投資一括資料請求▶\【Oh!Ya(オーヤ)】一括資料請求はこちら/

不動産を高く売りたいならまずはAI査定から▶「おうちクラベル」無料一括査定とAI査定をセットで行います!安心のソニーグループ関連企業

持て余している土地や空き家の活用を複数一括提案▶相続での土地活用、空き家活用を様々な角度からご提案します

\応援クリックお願いします!/
不動産ランキング
不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次