地方不動産投資とは?築古の収益不動産を再生して高利回りで回す

当ページのリンクには広告が含まれています。

今地方で多く出回っている収益アパート物件の多くが、築年数30年以上とだいぶ年数がたっております。


そんな築古アパートを空室が多い状態で購入して、満室に持っていき成功されている投資家さんも多くいらっしゃいます。

そういった築古アパートを安く買ってインカムゲインやキャピタルゲインの両方を狙っている投資家さんもいます。


利回りの高い物件のほとんどが築古物件です。

そうした中で人口が減っていく地方賃貸経営で勝ち残っていくにはしっかりとした方向性を決めていくのが重要です。

目次

築古収益物件の再生で重要な考え方

築年数が30年以上で売りに出ている物件は特に空室が多く目立ちます。


物件が建っている土地の立地はかなり悪いわけではない場合、原因はやはり室内状況にあることが多いです。


逆にお金が無いなどの理由で、室内のリフォームや修繕が出来なく空室が多い場合はチャンスだと思いましょう。

空室が多いから今後も決まらない物件ということはない

築古の収益物件を再生させようと思ったらやっぱりリフォームが重要になる。

築古の物件で特に気を付けるのが水回り関係です。

洗面化粧台やウォシュレット、混合水栓への交換だけでも印象はかなり違います。

キッチン交換も賃料によっては検討するのも良いでしょう。

ユニットバスの交換までしてしまうと賃料の設定によっては回収できない場合が多いです。

購入前には周辺相場の確認も重要

地方収益物件を購入する際には周辺相場も事前に確認しましょう。

周辺相場を簡単に確認する方法はいくつかあります。

1つ目は収益不動産がある地域の不動産業に連絡をして周辺相場を聞く方法です。

普通に周辺相場を聞くだけだと教えてくれなかったり、結構適当に言われたりする場合もあるかもしれません。

近隣不動産会社に3件ほど連絡してみるといいでしょう。

その際に「近くで収益物件購入を検討している」「管理してもらえる管理会社も探している」とちょっとした言葉を付け足すとより詳しく説明してくれるかもしれません。

収益物件を購入する際にも、知識を知っている人と知らない人とではスタートラインからかなりの差が開いてしまいます。

事前に聞くことや調べることが分かっていれば物件購入の際にも後れを取ることはありません。

まずは何を聞くべきかをしっかりと自分でも理解して整理しておくようにしましょう!

合わせて読みたい記事:▶不動産投資を始める準備

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次