賃貸仲介仲介手数料の適正評価!手数料値引きと他の控除のバランスを考慮する方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

お部屋を借りるときや、売るときなど不動産会社に支払わなくてはいけない費用が仲介手数料です。

しかし、募集の中には「仲介手数料無料!」「仲介手数料半額キャンペーン!」など仲介会社によって様々です。

全部の会社仲介料無料でいいじゃないか!なんで仲介会社によって違うのかわけわからん!!

仲介手数料が無料の会社と有料の会社があるなんて、もちろん「無料のほうが良い!」と思われているかもしれません。

仲介手数料が無料の場合と有料の場合で違うのは、借主や購入者から報酬をもらっているか別から報酬を得ているかの違いです。

その為、仲介手数料が発生しない取引では、不動産仲介会社は他で利益を得ていることが多いのです。

目次

借りる際の仲介手数料の上限は決まっている

お部屋を借りる時の仲介手数料と、お部屋を購入する際の仲介手数料には貰っていい報酬の上限が決まっています。

お部屋を借りる際の仲介手数料の上限は、借りるお部屋の賃料1カ月分+消費税となっています。

この上限というのは、お部屋を借りる人とお部屋を貸す大家さんの報酬合わせての上限です。

なので、借りる人から仲介手数料「賃料1カ月+消費税」の報酬を得た場合は大家さんから報酬をとれません。

借主から仲介手数料をもらわない時は、多くの場合大家さんから報酬を得ている場合が多いのです。

なので仲介会社や賃貸に出すお部屋によって、仲介手数料に差が出ます。

報酬上限があるだけなので、仲介手数料は交渉も可能

報酬の上限がある一方、仲介料を借主から貰わなければ絶対いけないということも分かりました。

しかし、お部屋を借りる際に借りる方が手数料を払うお部屋が多いのはなぜでしょうか?

昔は賃貸するお部屋も少なく、貸し手市場だからでした。

現在は大手メーカーなどのアパート建築も進み、地方にも空室の物件が目立つようになってきました。

貸主も空室に入居者が入らないようであれば、入居者が支払う仲介手数料を貸主が負担してでも入居してもらいたいと思う方も増えてきました。

なので、お部屋の紹介の際に仲介手数料が無くとも仲介業者は利益を得られるのです。

すべてのお部屋で貸主が仲介手数料を出すとは限らない

仲介手数料を貸主が出す場合が多いと話しましたが、すべての物件で入居が決まるなら貸主が仲介手数料を支払うとは限りません。

その場合はただ単に仲介会社の手数料が減ってしまいます。
紹介してもらっている担当スタッフの売り上げが減ってしまう事からあまり無理な交渉はしないようにしましょう。

仲介手数料に限らず、担当の人としっかりコミュニケーションを取ることで、担当者の方から借主に良い提案をしてくれる時もあります。

担当者にもノルマがあったりするのであまり過激な交渉は逆効果だよ!

仲介手数料より初期費用で交渉できるのが初月賃料

仲介手数料を交渉するより可能性があるのが、契約時に支払う最初の賃料です。

空室部屋が決まって一番喜ぶのは貸主(大家さん)です。

一度入居者が決まってしまえば、毎月賃料が入ってきます。

なので最初の賃料1カ月分を無料(フリーレント)にしてと交渉した場合、担当者が貸主に伝えると「それで入居してもらえるなら。。。」と返事をもらえることが多いです。

仲介手数料を負担するのは嫌でも、1カ月の賃料無料は問題ないという方も多くいます。

仲介手数料は1カ月+消費税ですが、賃料を1カ月無料にできれば同じぐらい初期費用が減ります。

不動産仲介の担当者も賃料フリーレントの方が方が、物件仲介報酬も減らないため頑張って交渉してくれます。

良いお部屋を探して、いい条件で決めるには、不動産仲介業者の担当と良い関係を築けるかが重要になります。

お金のことばかり気にしすぎて、紹介してくれる担当の気持ちを考えない行動は控えましょう!

部屋を借りる際の連来保証人に関しての参考記事▶不動産賃貸の連帯保証人の責任と義務とは?連帯保証人がどのような責任を負うのか

未経験OK!副収入におススメのマンション投資一括資料請求▶\【Oh!Ya(オーヤ)】一括資料請求はこちら/

不動産を高く売りたいならまずはAI査定から▶「おうちクラベル」無料一括査定とAI査定をセットで行います!安心のソニーグループ関連企業

持て余している土地や空き家の活用を複数一括提案▶相続での土地活用、空き家活用を様々な角度からご提案します

\応援クリックお願いします!/
不動産ランキング
不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次