安心して任せられる合鍵作成者の選択とポイント

当ページのリンクには広告が含まれています。

合鍵とは、既に存在する鍵の複製であり、家族や大家さん・部屋のシェアメイト・友人・知人に渡す場合などに使われます。

合鍵ができない場合は、鍵を紛失したときや、鍵が壊れたとき、引越し先での入居前に鍵の交換が必要になる場合があります。

目次

合鍵を作製するのに掛かる基本的な費用



合鍵の料金相場は、地域によって異なりますが、一般的には以下のような価格帯です。

鍵屋

鍵屋は、鍵の複製や修理、交換を行う専門業者です。

大体、合鍵の複製においては、一本あたり500円から1,000円程度の値段が相場として定着しています。

ただし、「ハイセキュリティタイプ」と呼ばれる複製ができない鍵など、複雑なものは価格が高くなることがあります。

ギザギザの鍵より、丸い窪みが全体的に入っている鍵のタイプの方が複製の金額は高くなります。

ホームセンター

ホームセンターは鍵複製を行っているお店が多い。

ホームセンターでの合鍵の相場は、鍵屋と比較しても安価で、一本あたり200円から500円程度が相場です。また、ハイセキュリティタイプの鍵複製は出来ない場合があります。

事前に形状等を伝えるなど対応可能かどうかを確認すると良いでしょう。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアでも、鍵複製を行っている店舗があります。コンビニエンスストアでの合鍵の相場は、100円から200円程度とされています。

ただし、あまりにも安すぎる場合は、技術的な問題があることが多いため、注意が必要です。
鍵複製を行っている店舗は少ない為、事前に鍵複製可能かどうか確認する必要があるでしょう。

このように、合鍵の料金相場は様々な要因によって異なりますが、一般的には地域や複雑さによって価格帯が分かれています。

特に鍵屋で複製する場合、技術力や問題解決力によって価格帯が変化することがあるため、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

また、鍵複製には時間がかかることもあるため、余裕をもって手配するようにしましょう。

ネットから写真で簡単合鍵作成はこちら

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次