不動産営業として求められた能力とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。

以下は、不動産営業に求められる能力についての概要です。

不動産営業には多くのスキルと特性が求められ、以下に示す重要な能力を備えることが重要です。

目次

地方不動産業者に8年働いてみて求められてきたスキルとは?

不動産業者に努めてから今現在まで様々な部署を経験しました。
賃貸仲介の取引や管理業務など、現在は収益物件のオーナー担当や収益アパートやマンションの売却査定や調査も担当しています。

各部署によって求められる能力やスキル、資格など様々でした。自分がやってみたい部署や業務がある場合は会社でその業務を行うにあたってどういう能力や資格が必要か事前に知っておくと良いでしょう。

コミュニケーション能力

顧客との円滑なコミュニケーション能力が不可欠です。

賃貸や管理、売買でも全ての部署に求められる能力と言えるでしょう。効果的なコミュニケーションを通じて、顧客の要望やニーズを理解し、的確な情報を提供することが求められます。

また、交渉や問題解決においても良好なコミュニケーション能力が重要です。特に管理業務では、設備の故障や室内の修理などマイナスな面からの話しが多いです。しっかりとした聞き取り能力が求められます。

営業セールススキル

不動産営業能力で最も重要な、物件を販売したり賃貸するためにセールススキルが必要です。

顧客の関心を引き、ニーズに合った物件を積極的に提案することが求められます。顧客に対する説得力のあるプレゼンテーションや交渉術、クロージングの能力が必要です。

やはりセールススキルが高い人やしっかりと学んで意識している人は営業の成績が良いです。

賃貸や売買は不動産を貸したり売ったりするので、物件の魅力をしっかりと伝えることと顧客の要望を具体的にしていくスキルが必要です。

管理に関しても不動産を維持管理や収益を高める為の改装やリフォーム工事などの提案も必要です。

セールススキルは意識や指導がないと上達することは難しいので、早いうちからしっかりと学びましょう。

>>知識もなく不動産業者に入社した結果

マーケティング知識の能力

物件のマーケティングにも精通している必要があります。

市場動向や競合他社の情報を把握し、適切な広告戦略やマーケティング手法を適用することが求められます。また、物件の価格設定やマーケットニーズに関する洞察力も重要です。

不動産は基本的に同じものはありません。どのような物件が市場に求められているか、これから先の駅開発や区画整理などの把握も必要です。

情報を早く仕入れる経験や人脈も後々は必要になってきます。

地域知識

不動産営業は、自分が担当する地域に関する詳細な知識を持っている必要があります。顧客に賃貸物件や売買物件を紹介するのに地域の知識は必要不可欠です。

地域の特性、交通アクセス、学校や商業施設などの情報を理解し、顧客に的確な情報を提供することが重要です。

馴染みのない地域での不動産勤務だとしても、事前に地域地図の網羅や地域の賃貸売買の相場感の把握は必要です。また、地域の市場動向やトレンドにも敏感であることが求められます。

人脈構築能力

不動産営業は、幅広いネットワークを持つことが重要です。

不動産業界や関連業界の専門家、顧客や繋がりのある人々との良好な関係を築くことが要求されます。

業務を進めている際にわからないことが出てくると専門家に相談をする場合が多いので、弁護士や建築士、ベテラン営業担当などすぐに相談できる味方が居ると業務を進めやすいです。

難しい案件を相談しないまま進めていくとトラブルに発展する場合も多いです。ネットワーキングを通じて情報を得ることや新しいビジネス機会を見つけることができます。

忍耐強さとストレス管理能力

不動産営業は、長い交渉や契約プロセス、クライアントの要求や問題に対応することが求められます。

そのため、忍耐強さやストレス管理能力が必要です。

特に収益不動産での管理業務は、入居者からの要望が管理会社に入ったとしても修繕や改善の支払いは物件所有者になります。

なので所有者に提案をしても受けてもらえない場合があり、入居者と所有者の間で板挟みになることもあります。不動産営業はどの部署でも忍耐強さとストレス管理能力は必要になるので、何事にも素直でまじめな人はストレスを受けやすくなってしまうでしょう。

困難な状況で冷静さを保ち、問題解決能力を発揮することが重要です。不動産営業の退職の多くは給料や待遇面を言うよりは、ストレス等による原因が多いと言われています。

会社を長く続けていくためにもストレスの発散等の管理はしっかり行いましょう。

技術的スキル

技術の進歩やデジタル化が進んでいますので、テクノロジーに関連するスキルや知識が必要です。

営業ツールやCRMシステムの活用、オンラインマーケティング技術の利用、データ分析やビジネスインテリジェンスツールの使用など、現代のテクノロジーを活用する能力が求められます。

不動産業界の中でもDX化が進んでいます。近年では不動産部署の中にWEBやマーケティングに関する部も出てきています。

DXに関する知識等はWEB担当や入力に関係する仕事を行う場合は知識と理解は必要です。

問題解決能力

トラブルや問題を解決する能力が求められます。

契約交渉の中で生じる問題や、顧客の要望や不満に対して適切な対応をする必要があります。売買は金額が大きい為、トラブルになった際には解決が難しい場合もあります。

契約時の確認不足で発生してしまったお金など、問題が発生した際にはどこに費用負担分請求するかなどを処理する必要があります。

解決策を見つけるために分析力や判断力を発揮し、効果的な解決策を提供することが重要です。また、世帯数が多い収益物件になるとその分発生するトラブルも多発します。

賃貸入居者のトラブルや問題は管理部内での迅速な処理等が求められます。

チームワーク能力

不動産会社のチームと連携して業務を進める必要があります。

チームメンバーや他の部門とのコラボレーションを行い、共同作業やプロジェクトをスムーズに進める能力が必要です。

各部署の連携で相乗効果が見込める不動産では、売買、賃貸、管理、経理などのコミュニケーションや協力能力を活かして、組織全体の目標達成に貢献することが期待されます。

不動産営業には、コミュニケーション能力、セールススキル、マーケティング知識、地域知識、人脈構築能力、忍耐強さとストレス管理能力、技術的スキル、問題解決能力、チームワーク能力など、幅広い能力が求められます。

これらの能力を磨くことで、不動産市場での成功に近づくことができます。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次