地方収益不動産の特性と空室問題!地方エリアでの空室が多い理由とその背景

当ページのリンクには広告が含まれています。

地方収益物件で空室の原因を理解することで、空室対策もできます。地方の投資物件は高利回りの為、初心者が手を出してしまいます。

また、物件価格も都心に比べて安いのも初心者が手を出してしまう理由の一つです。空室が多かったり、購入後直ぐリーフォームが必要な物件は知識が必要です。

不動産投資を地方物件で検討する際には、空室が多い原因を確認しましょう。

目次

地方収益不動産はリスクがたくさんある

地方の高利回り収益不動産投資を都心からされている方も多くいます。もちろん成功している人もいれば、失敗してしまう人もいます。成功している人は地方での空室リスクを把握しています。

まずは、どのようなリスクがあるかを見ていきます。

地方地域の人口減少

まず第一に、地方の人口減少が挙げられます。地方では若者や労働力が都市部へ移動する傾向があり、これによって地方の人口が減少しています。

人口減少に伴い、需要が減少し、空室が増える傾向にあります。

収益物件で特に地方の場合は入居したい世帯より、空室部屋の方が多いです。

地方の経済構造の変化

地方の経済構造の変化も要因として挙げられます。かつては農業や工業が盛んであった地方でも、経済のグローバル化や産業の空洞化が起こっています。

それによって雇用機会や経済活動が減少しています。経済の衰退に伴い、人々の収入も減少し、住宅需要が低下する結果となります。

そういった面では地方でも企業へ斡旋や土地の誘致が活発な地域はチャンスがあると言えるでしょう。新たな大きな企業が建てばその分賃貸需要も増加します。

地方収益不動産の入居者は高齢化が進んでいる

地方における高齢化も空室が多い理由の一つです。

高齢者の方々は、介護や福祉施設への入居を希望するケースが多く、空き家や空き部屋が増える要因となっています。

交通のインフラが不十分

地方における交通インフラの不十分さも空室が多い理由として挙げられます。

都市部と比べて公共交通機関が整備されていない地方では、通勤や通学の利便性が低いです。移住や新規入居者が少なくなります。

駅近くであっても地方の場合は入居付けで圧倒的有利とは限らないでしょう。車を利用する方の方が多い為、駐車場や道路から入りやすいかも重要です。

リフォームやリノベーションを行わない

さらに、地方の物件には、建物の老朽化や設備の劣化という問題もあります。地方では建物のリノベーションや再生が進まず、古い建物が多く存在しています。

また、インターネット環境や生活環境の整備が進んでいないため、新しい物件を求める入居者も少ないと言えます。

以上のような要因によって、地方収益物件が空室が多い状況となっていると考えられます。収益物件購入前には、事前に空室になっている理由がわかれば有利です。

空室を埋めるためには、地方振興策や地域資源の活用など、総合的な施策が必要となります。

地方不動産投資を再生させる高利回り投資の記事はこちら

不動産ランキング
不動産ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次