水回りの清掃とリフォーム!効果的なタイミングとその理由について

当ページのリンクには広告が含まれています。

水回りの掃除は衛生管理のためにとても大切です。

特にキッチンやバスルームなど、湿気の多い場所や食品や身体を洗う場所は、汚れやカビが発生しやすく、定期的な清掃が必要です。

年数が経過していくと清掃では取ることができない汚れも出てきます。

定期的な清掃を行い、水回りの設備を清潔に保ちやすく維持しましょう。

一般的な水回りの掃除頻度について、以下で解説します。

目次

水回りの定期的な清掃頻度とは

水回りの清掃は定期的に清掃を行わなければ衛生上も清潔に保つことはできません。

もちろん毎日行う事に越したことはありませんが、一般的な清掃頻度も確認しましょう。

また、水回りは年数が経過していくごとに、清掃では落とせない汚れが定着していきます。

適切な年数でリフォームを検討しましょう。

水回りをリフォーム後も最初の段階から定期的に清掃することによって設備も清潔に長く使用することができます。

>>リフォームの資金を用意する記事

キッチン回り

毎日使用するため、汚れが付きやすく、カビも繁殖しやすい場所です。

キッチンの掃除頻度は、毎日の清掃が望ましいといえます。

食器や鍋類は使用後すぐに洗い、台所周りの汚れを拭き取る習慣をつけましょう。

また、一日の最後にはしっかりと水跡をふき取るよう心がけます。

週に1回程度、キッチンの全体掃除を行うと、汚れやカビの発生を防ぎ、清潔な環境を保ちやすくなります。

シンク、水栓、排水口など、隅々まで洗剤で洗って清潔な状態を保ちましょう。

バスルーム回り

バスルームは、湿気が多く、カビや水垢が発生しやすい場所です。

毎日の軽い汚れそうじは行いましょう。

バスルームの掃除頻度は、週に1回から2回程度が望ましいとされています。

シャワーカーテン、バスタブ、洗面台など、全体を徹底的に清掃することが重要です。

また、毎日のお風呂上りに水拭きをするようにすると、汚れの蓄積を防ぐことができます。

最後には乾いたタオルなどで拭き上げを行うとさらに効果的です。

お風呂のリフォームは高額になるケースが多いので、キレイにすることで少しでも長く使用しましょう。

トイレ

トイレは、毎日使用するため、清潔に保つことが大切です。

菌が発生することも多い場所です。定期的に換気を行い空気の入れ替えも行いましょう。

トイレの掃除頻度は、週に2回程度を目安にすれば十分です。

トイレの便器や床、タンク周りを、トイレ専用の洗剤で徹底的に掃除することが重要です。

床は濡れたままにしてしまうと黒ずみやささくれになってしまう原因です。

トイレの拭き掃除の清掃は、トイレに流せるタイプの拭き物を使用すると便利です。

洗濯機

洗濯によって水垢・カビが発生しやすいため、定期的な清掃が重要です。

洗濯機の掃除頻度は、週に1回から2回程度が望ましいとされています。

洗濯機の中にカビが発生している場合は、専用の洗剤でカビを取り除くことが必要です。

移動式の洗濯機専用キャスターの上に載せておくと簡単に移動させることも可能です。

洗濯機の下や裏は汚れもたまりやすく、床に直置きの場合は注意が必要です。

以上のように、キッチン、バスルーム、トイレ、洗濯機、水回りの掃除頻度は場所によって異なりますが、基本的には週に1回程度の掃除を心がけましょう。

また、汚れやカビが発生する前に予防的な掃除を行い、いつでも清潔な環境を保つようにしましょう。

清潔に使用していても年数が経過すればキレイに維持するのは難しくなります。

その場合は適切なタイミングでリフォームも検討していきましょう。

現在はネットからの問い合わせで大体の相場も把握できる為、問い合わせしてみるのも良いでしょう。

水回りのリフォーム問い合わせはこちら

未経験OK!副収入におススメのマンション投資一括資料請求▶\【Oh!Ya(オーヤ)】一括資料請求はこちら/

不動産を高く売りたいならまずはAI査定から▶「おうちクラベル」無料一括査定とAI査定をセットで行います!安心のソニーグループ関連企業

持て余している土地や空き家の活用を複数一括提案▶相続での土地活用、空き家活用を様々な角度からご提案します

\応援クリックお願いします!/
不動産ランキング
不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次