収益不動産管理会社の評価基準!優良な管理会社を選ぶための重要なポイントとは

当ページのリンクには広告が含まれています。

収益不動産管理会社の評価方法にはポイントがあります。高稼働を実現するには管理会社との友好な関係が必要不可欠です。物件を任せっきりにするのではなく、以下のポイントを押さえながら評価や判断していきましょう。

目次

収益不動産は物件がある地域の会社に任せるのが良い

収益不動産を管理や客付け募集をしてもらうなら地元の業者が良いです。不動産はその地域ごとにマイルールがあったりと、知らないと不利になることもあります。特に賃貸の客付けを行う場合は、仲介手数料の振り分けや広告料、担当者バックなど色々あります。わからない場合は地域の募集力が一番強い不動産業者に聞いてみるのが一番です。管理会社に管理してもらうメリットはこちら

信頼度を知る

会社の信頼性と実績を評価することが重要です。過去の取引実績や顧客の声を調査し、企業の信頼度を判断することができます。Googleの口コミを確認してみるのも良いでしょう。実際に何店舗か挨拶や状況を説明して、対応は良かったなど自分で判断することも大切です。また、会社の法的な問題やトラブルの有無も確認する必要があります。

収益不動産に関する専門知識や経験

会社の専門知識と経験を評価することが必要です。収益不動産管理は複雑な仕事であり、法的な規制や賃貸市場のトレンドに詳しい知識が求められます。会社の社員やチームのスキルと経験を確認し、適切な管理・運営が行われるかを判断しましょう。客付けがうまくいく会社の特徴は、空室査定や入居付けのアドバイスがしっかりしています。賃料査定の根拠や室内の提案をしてくれるか確認しましょう。

サービス範囲と品質

サービスの範囲と品質を評価することも重要です。適切な入居者の選定や入居審査、賃料の適正設定、定期的なメンテナンスやトラブル対応など、収益不動産管理会社が提供するサービスの内容や品質を確認しましょう。募集から退去後の原状回復まで、全て一括して行えるかどうかも確認しましょう。また、顧客満足度や退去率などの指標も参考になります。良い不動産管理会社の特徴としては、管理のサポートメニュー表があるかも確認しましょう。サポートメニュー表が無い場合は、社員一人一人がサポート内容を理解していない場合が多いです。

>>ポータルサイト登録は不動産会社が必須な訳

収益不動産管理会社として必要なコミュニケーション能力

最後に、顧客対応とコミュニケーション能力も重要なポイントです。収益不動産管理会社とは、オーナーや入居者と密に関わることが多い仕事です。顧客対応や問題解決能力、柔軟なコミュニケーションなど、会社のスタッフが良好な関係を築くことができるかを評価しましょう。管理説明を受ける際もコミュニケーション能力があるかどうかを見ることができます。所有者の対応がまともにできないようであれば、入居者との関係も良好なものになるとは言えません。

以上のポイントを総合的に評価することで、収益不動産管理会社の評価を行うことができます。重要なのは客観的なデータと分析を踏まえ、自身のニーズや目標に合った会社を選ぶことです。まずは購入したい物件や購入した物件がある地域の不動産管理会社に挨拶回りするのが良いでしょう。管理を頼まなかった場合でも挨拶をしておくことによって、今後の物件紹介とがあるかもしれません。自分で体験した接客がそのまま入居者にも反映されていると思ってください。まずは自分の足で経験するのが一番です。

>>不動産投資とは?

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次