家売却査定の重要性:おすすめ査定を選ぶ理由とメリットの解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は売却の際高く査定するにはどうしたらいいか?を説明していきます。

結論から言うとまずはネットから不動産業者に問い合わせてみることです。

問い合わせをすることによって大体の所有土地の相場観も分かってきます。

土地は同じものが無いので、土地の相場はプロに聞いてしまうのが一番なのです。

現在は店舗にも来店せずにネットから気軽に問い合わせできる環境が整っているので簡単にできます。

具体的な問い合わせ方法を以下で確認していきましょう。

目次

自分の持っている土地や建物は複数の不動産業者に査定を依頼する

まず、土地や建物を売りに出したいと思った時には皆さんはどうするでしょうか?

地元の等動産業者に依頼?または以前お世話になったことのある知り合い業者に売れるかどうかを聞いてみる等でしょうか?

※結論から言うと幅広いエリアの査定ができる業者にネットから査定依頼をするのが一番です!

三井のリハウスで無料査定依頼!

複数の査定業者にネットから一括査定を依頼するのも良いですが、複数査定業者の資料提出や質問に対応しなければなりません。

今回は大きなまだ売ると決まったわけではないけれど、念のため売却金額や自分の持っている土地や建物の資産金額を知っておきたいといった方向けです。

現在持っている土地や建物の価値を知っておくのはとても大切なことです。

現在は現地立ち合い等をしなくても大体の資産金額が出てきますので、自分の持っている資産金額の確認をしておきましょう。

では不動産業者はどうやって皆さんが持っている土地や建物の価値を出しているのでしょうか?

土地建物やマンションの査定方法や必要書類がわかっている方とわかっていない方では大きな査定金額の差が生まれます。

まずは不動産の価値を出すためにどんな必要書類が必要なのかを見ていきましょう。  

土地や建物の査定金額を知りたいと思ったらとるべき行動

査定に出す前に土地や建物の金額を出す際のポイントがわかっているのとわかっていないのでは、査定金額にも差が出てくる場合があります。

土地に関しては現地確認をしなくとも査定依頼主からの現地写真や必要書類等で査定金額が出てしまうのはもちろん中古住宅に関しても必要書類のみで大体の金額が出てしまいます。

ネット査定ではすぐに金額が出るからこそ必要書類をよく確認する

所有不動産の価値を知るには極端な話必要書類があればそれだけで大体の査定金額が出ます。

大体の査定金額が出た後に正確な売値を出すために現地立ち合いで中の確認等を行います。

なので自分の不動産がどのぐらいの価値があるかなどの大体の金額は、必要書類があれば1週間前後で確認ができるということです。

売却時に必要な書類や情報とは?

では売却の際に必要な書類はどういったものがあるでしょうか?

査定をお願いする前に事前に必要書類がわかれば事前に準備もできます。

以下のものが主に必要です。

・住宅ローンの残高証明

・土地、建物の登記簿謄本

・土地の測量図

・建物図面

・建築確認申請書

・家を購入後に行ったリフォームや外構工事の請求書や領収書

・区分所有マンションの場合は修繕積立金と管理費がわかる書類

上記が査定を出す際に確認するべきことが多い書類です。

書類が無いものがあっても大体の査定金額を確認することはできますので安心してください。

しかし書類が無かったりすると査定金額が下がってしまう場合もあるので、できるだけ書類は探してみるのがよいでしょう。

家を売却査定する時は掃除をしなくていいの?

家を売却査定される前にクリーニング依頼をして掃除される方がいらっしゃいますが、実際は査定金額に影響はほとんどありません。

中古住宅の場合はリフォームを入れて売却する場合がほとんどで、その際リフォーム後にはクリーニングを依頼するからです。

しかし現地を確認した際に残置物やかなりの汚損があった場合は、そのままにして査定現地立ち合いをした場合マイナス評価される場合があります。

物件はキレイにして現地査定立ち合いをすることに越したことはないですが、クリーニングを依頼してまでやることはありません。

ご自身で掃除セットを駆使して家の中全体を清掃するぐらいで良いでしょう。

土地探しの参考記事はこちら▶土地探し期間中に無視してはいけないポイントとは?後悔しないための考慮

売買査定をお願いする際に気を付けなければいけないこと

査定の際には所有者の聞き取り調査も重要になります。

必要書類はそのまま査定業者に送るので誤認識する可能性は低いですが、この聞き取りは話しようによっては査定業者に誤認識を与える場合があります。

査定金額を高くしてもらいたくて不具合や過失部分、近隣等の告知事項を故意に伝えないなどの可能性があるからです。

次購入される方が被害に合う可能性もありますので、しっかりと告知した方がよいこと(近隣騒音や土地建物に関する欠陥等)はしっかりと査定の際に伝えましょう。

所有している不動産資産の現在価値を知っているのはもしもの時のために必要です。

家を売却した際にローンは残るのか?それとも現在価値で売却した場合手元に売却残高が残るかのか?などは常に把握しておく必要があります。

家の購入や売却は所有者だけでなく家族も関係してくることです。

早めに把握しておくのが良いでしょう。

未経験OK!副収入におススメのマンション投資一括資料請求▶\【Oh!Ya(オーヤ)】一括資料請求はこちら/

不動産を高く売りたいならまずはAI査定から▶「おうちクラベル」無料一括査定とAI査定をセットで行います!安心のソニーグループ関連企業

持て余している土地や空き家の活用を複数一括提案▶相続での土地活用、空き家活用を様々な角度からご提案します

\応援クリックお願いします!/
不動産ランキング
不動産ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次