不動産投資の基礎知識!初心者が知っておくべき不動産投資の基本とポイント

当ページのリンクには広告が含まれています。

不動産投資は多くの人々にとって魅力的な投資手段です。資産の形成や収益の安定化を目指し、長期的なリターンを追求することができます。

途中で売却をすることにより、大きな収益を得られる場合もあります。しかし、不動産投資を始めるには事前の計画と準備が必要です。

以下では、不動産投資を始めるためのステップを詳しく説明します。

目次

不動産投資の目標設定を決める

不動産投資を始めるには、まず具体的な目標を設定することが重要です。ただ賃料収入を得られたらいいという考えでは成功しません。

資産の増加や収益の安定化、キャッシュフローの確保など、自身が達成したい目標を明確にしましょう。

また、リスク許容度や投資期間、予算の設定なども考慮して目標を具体化しましょう。具体的にどれぐらいの借り入れが出来るかなどは、早めに知っておく必要があります。

不動産投資への基礎知識の習得

不動産投資には多くの知識と理解が必要です。市場のトレンドや法律、税金など、不動産投資に関する基礎的な知識を習得しましょう。

収益物件の仲介業者に相談や色々聞くのも良いでしょう。しかし、数いる投資家の中であなただけの話に耳を傾けてくれるとは限りません。

まずは書籍やウェブサイト、セミナーなどを活用して、投資の基礎を学びましょう。

ストラテジーの選択

不動産投資にはさまざまな戦略があります。

不動産投資と一言で言っても種類が豊富にあります。一戸建て住宅の購入やマルチユニット物件への投資、商業物件の購入など、自身の目標と予算に合った投資戦略を選択しましょう。

主戦にする内容で必要資金やリスクの大小も大きく変わります。自己資金や融資の可否、リスク許容度などを考慮して、最適なストラテジーを選ぶことが大切です。

不動産投資の種類についてこちらの記事で詳しく書いてます。

あわせて読みたい
初心者向けガイド:不動産投資の種類と始める際のポイント 不動産投資には、さまざまな種類があります。以下では、主な不動産投資の種類を紹介します。 【アパート、マンションや戸建てを賃貸するだけが不動産投資じゃない】 不...

具体的なアプローチを始める

不動産投資は計画を考え理想の利回りを計算することまでして、行動を起こさない方が多いです。知識やリスクを把握しているだけでは意味はありません。

具体的な行動や他者へのアプローチを行い現実にしましょう。

まずはネットで無料アパート経営プランを作成はこちら

不動産投資の資金準備を進める

不動産投資を始めるには一定の資金が必要です。自己資金や銀行融資、他の投資家からの資金調達など、自身の資金調達方法を計画しましょう。

銀行に事前相談をして、自分がお金を借りるのにどれほどの信用力があるかを確認してみましょう。

また、投資に必要な費用(物件の購入費用や修繕費用など)を問い合わせして見積もり、予算を立てましょう。その際に投資物件の紹介を行っている担当と仲良くなるよう心がけましょう。

マーケットリサーチと物件選び

適切な物件を見つけるためには、市場リサーチが欠かせません。価格動向や需要予測、地域の成長性などを調査し、潜在的な物件を見つけましょう。

特に自分が住み慣れた地域などがわかりやすいと思います。まずは地域性がわかる馴染みのある土地から探してみると感覚がつかめるかもしれません。

馴染みのない知らない土地で収益性や利回りのみを重視しても失敗してしまう場合もあります。

しかし、物件の条件や収益性を基準に選ぶことも重要となります。最終的には収益性が悪ければ不動産投資をする意味がありません。

投資対象の価値やリスクを知る

物件を選んだら、投資対象の価値やリスクを知ることを調査、実施しましょう。

資産価値の評価や法的な調査、物件の状況や収益性の確認など、物件の実際の価値を確認するために重要な手続きです。

駐車場の有無や土地の特性、建物の耐用年数や大規模修繕の履歴などの確認も必要です。

専門知識が必要な為、自分ではわからないこともたくさんあるでしょう。専門家のアドバイスを受けながら、詳細な調査を行いましょう。

収益不動産のリスクやトラブルについてはこちらの記事で書いてます。

あわせて読みたい
予期せぬトラブルに備えて:収益物件投資家が知っておくべきトラブル回避のコツ 良物件が購入出来てこれから不労所得ライフが待っていると思われる方も多いかと思います。しかし現実は購入時も購入後もトラブルが発生することが多いのです。収益不動...

収益物件の契約と長期的な事を考えて

契約を締結してからは基本的にはその投資物件と長く付き合うこととなります。最初にメンテナンス状況の確認や任せられる不動産管理会社に依頼することが必要です。

収益物件は不動産管理会社等に任せ、自身は再度次の収益物件計画に入り拡大していきましょう。

>>収益不動産をDIYで高利回りで回す方法

投資契約の締結と資金の移動

物件に投資するためには、契約を締結し、資金を移動する必要があります。法的な手続きや手続きに関与する専門家のアドバイスを受けながら、正確かつ適切な契約を行いましょう。

わからないことがあればその場で聞いてしまうのも良いでしょう。

わからないことが契約後であったとしても、担当にお電話またはメールを行いしっかりと理解しましょう。契約でわからないことを残してしまうと、次回契約した際にも同じことをしてしまう可能性があります。

また、不動産の所有や資金移動に関連する法的義務や税金についても理解しましょう。

契約に関する支払いの流れは全て不動産仲介会社に確認しましょう。

支払いに関して決済当日には支払い項目がたくさんあります。

不動産投資物件の管理と収益の最適化

物件に投資したら、日常的な管理やメンテナンスが必要です。

テナントの管理、修繕や改装などの作業を適切に行い、収益性を最大化しましょう。収益不動産の管理は管理会社にそのまま委託してしまうのが手間がありません。

収益物件の管理費用は3%~5%が相場となります。後は各管理会社によってサービス内容も変わってきます。

事前に委託契約書やサービス内容のパンフレットの確認をすると良いでしょう。

また、マーケットの変動やリスクに対応するために、定期的に物件の評価を行うことも重要です。

物件周辺の学校など施設の移動があった場合、収益物件の評価も変わります。長い目で見る為にも定期的な物件の評価は必要なのです。

築古の中古物件を再生して高利回りを実現する記事はこちら

あわせて読みたい
地方不動産投資とは?築古の収益不動産を再生して高利回りで回す 今地方で多く出回っている収益アパート物件の多くが、築年数30年以上とだいぶ年数がたっております。 そんな築古アパートを空室が多い状態で購入して、満室に持っていき...

監視と成果の評価

不動産投資は長期的な運営が求められます。投資の進捗状況や収益性を定期的に監視し、目標に向けた進捗を評価しましょう。

また、物件を管理している管理会社についても注意が必要です。収益物件の価値を最大限高める為には管理会社の協力が必要不可欠です。

また、物件の評価や成果は第三者の意見やアドバイスが重要です。

他社からの意見にも耳を傾け必要に応じて修正や調整を行い、投資の成果を最大化しましょう。

いかがでしたでしょうか?不動産投資は計画と準備が重要です。

目標の設定、基礎知識の習得、ストラテジーの選択、資金の準備、マーケットリサーチ、対象物件の評価とリスク、投資契約、物件の管理、監視と評価など、慎重にステップを進めていきましょう。

不動産投資はリスクが伴いますが、十分な準備と適切な管理を行うことで、資産形成や収益の安定化を実現することができるでしょう。

また、全てを自分で行おうとはせずに、的確な部分ではプロに頼ることも必要です。アドバイスを受けながら目標に近づけるよう行動を起こしましょう。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産業界で9年間にわたりキャリアを積みました。

宅地建物取引士の資格を持ち、賃貸不動産経営管理士としての専門知識を有しています。
豊富な経験と幅広いスキルセットにより、賃貸物件の管理、不動産取引、収益物件の売買など、多岐にわたる業務を担当しています。
顧客との信頼関係を大切にし、効果的な問題解決と優れたサービス提供を通じて、不動産取引の成功をサポートしています。

目次